引っ越し

新生活の準備〜引っ越しと無印良品のベッドと家電〜

新生活の準備〜引っ越しと無印良品のベッドと家電〜

引っ越し先のマンションが決まったら、次はいよいよ引越し本番。と言っても、今住んでいる家を引っ越すわけではないので、家具や家電を含めた生活用品の準備をしなければなりません。

ひとまず、すぐに新生活が始められるように、ベッドと冷蔵庫だけは新しく購入することにしました。

ベッドは、息子が一人暮らしをするときに購入した無印良品のものがシンプルでデザイン性もよかったので、実家近くの無印良品に行き「収納ベッド」を購入、東京に配送してもらいました。

無印 ベッド

画像 : 無印良品

無印良品の収納ベッドとマットレスは、体が沈み過ぎず、さりとて固すぎもせず、寝心地はいいですし、収納も便利(組み立ては少し難しかった)なのですが、ただ、ベッド選びの際に失敗だったのは「サイズ」でした。

ちょっとぽっちゃりした夫でもゆっくり休めるようにという理由で決めたセミダブルベッドですが、マンションのエレベーターが狭く、残念ながら搬入できず。

エレベーターの広さをすっかり忘れていました(ベッド選びの際はエレベーターのサイズも注意が必要です)。

結果、仕方なくシングルベッドに変更し、とりあえず夫の寝床だけは確保しました。

次に家電製品ですが、ちょうど年度の切り替えで進学就職の時期とも重なったことから、色々なメーカーで単身セットを売り出していました。

無印良品でも冷蔵庫と洗濯機と電子レンジの三点セットが販売されていたので、その3点にトースターも加え、家具と一緒に購入しました。

これまで無印良品の家電製品は使ったことがなく、餅は餅屋と言いますし、家電については家電量販店で選ぼうかとも悩みました。

ただ、他のメーカーの家電製品と比較しても値段的にじゅうぶんお買い得で、実際に使ってみた感想としても、機能や操作性もシンプルでデザインも統一されているので、今では無印良品で買ってよかったかなと思います。

問題は、私のベッドです。

初めは床に直接布団を敷いていたのですが、徐々に体が痛くなってきたので、結局リビングにソファベッドを置くことにしました。

ソファベッドは東京のニトリで二人がけの「タキノウ3」を購入。「タキノウ3」は、収納やスツールも付いているので色々な使い方ができます。

ニトリ タキノウ3画像 : ニトリネット

リクライニングを倒すとベッドになりますが、境目が多少気になったので、それまで使っていた敷布団を敷いて使用。色々な機能が付いている割に値段も安く、こちらもおすすめです。

夫のベッドのときのような失敗をしないように、今度はしっかりエレベーターサイズも確認しました。

年度の切り替えというのは引越し業者も繁忙期です。

布団やテレビ、炊飯ジャーや食器類など、実家のものを東京でも使うことにした家具家電は、段ボール箱数箱に詰め込み、引っ越し業者ではなく宅配業者に依頼して配送してもらうことに。

しかし、テレビだけはきちんとした梱包をする必要があるということなので、荷物と一緒に自家用車で東京まで運ぶことにしました。

こうして必要な家具家電や日用品などを一通り揃え、引っ越しは完了。これで新生活も準備万端だ、と思っていたのもつかの間、実際に生活を始めると、あれこれと足りないものが出てきます。

最初は、食事をするテーブルがなく、引っ越し用の段ボールの上に大きな布を敷いて食事をしていました。

まるで新婚時代に戻ったようでしたが、何日か使っていると段ボールが弱くなって真ん中がへこみ、コーヒーをこぼしたりしました。

さすがに使い勝手が悪いと思ったので、再び近くのニトリに行き、食器棚と併用できるようなバーカウンター風のダイニングテーブルを購入。

この食器棚には引き戸がなかったのですが、突っ張り棒を使ってカフェカーテンを吊るすと目隠しにもなっておしゃれな雰囲気に。

こんな風にあれこれ考えるのも、久しぶりに心はずむひとときでした。

ニトリニトリのテーブルにカフェカーテンで生活に一工夫