美術館、博物館など

品川の水族館「アクアパーク品川」の感想

品川の水族館「アクアパーク品川」の感想

週末は田舎に帰って庭の草取りやゴルフを楽しむことの多い夫ですが、たまには東京で休日を過ごそうとネットでおでかけ情報を検索しました。

土日はどこに行っても混むんじゃないかと思いましたが、品川プリンスホテル内にある「アクアパーク品川」に行ってみることに。宿泊や食事以外でホテルに出かけるなんて、田舎に住んでいた時には考えられないような過ごし方で、なんだか数十年ぶりのデートのようでした。

まず、遅めの朝食をとった私たちは、いそいそと品川駅に向けて出発。品川の改札を出ると、品川プリンスホテルのほうに人の流れができていたので迷うことなくたどり着きました。幸いなことに日曜日にもかかわらず、すぐに入場できました。

アクアパーク品川の入り口を抜けると、目の前には光と音の幻想的な世界が広がり、まるで夢の世界に迷い込んだようでした。

その空間は、これまでの水族館のイメージとは全く違ったもので、都会の水族館はやっぱり違うねぇと、私と夫。暫く無言で館内を見回しました。館内には二つのアトラクションもあり、遊園地のような乗り物に、子ども連れから若いカップルまで歓声をあげていました。

幻想的な水槽

メリーゴーランド「ドルフィンパーティー」

その様子を見るだけでも面白く、特にイルカやサメなど海の生き物に乗るメリーゴーランドは、本当に水の中を漂っているようでした。ただ、眺めているうちに徐々に目が回ってきたので急いで次のコーナーに。

この水族館のおしゃれポイントは、アルコール類も飲めるカフェバーがあること。ハイネケンやスパークリングワインなどを飲みながら見学することもできるようでびっくりしました。

コーラルカフェバー

色々な種類のクラゲだけが泳いでいるコーナーもあり、色とりどりの光のなかで、面白い形のクラゲが独特のリズムで舞を舞う姿はいつまで見ていても見飽きません。大きなマンタやエイが悠々と泳ぐ海中トンネルもあり、下から眺める魚たちのダイナミックな泳ぎに圧倒されてしまいました。

優雅に泳ぐナンヨウマンタ

水族館だけでも楽しめますが、なんと言っても面白いのはイルカショーです(ここでは「ドルフィンパフォーマンス」と呼ばれています)。

私たちが会場に着いた時、開始40分前でしたが、既に後部座席はほとんど満席。前の方の席が空いているのは、どうやら元気なイルカたちがバシャバシャと水しぶきで歓迎してくれるらしく、そのための水除けのカッパも販売していました。

前の席のほうに座っているお客さんの多くは、幼稚園くらいのやんちゃそうな子ども連れの若いパパやママたち。そういえば、我が家の子どもたちも静岡の水族館でイルカショーを見たとき、最前列のほうで見たことがありました。水浸しになりながらも、それが面白くてみんなで笑い転げたなあと、当時を懐かしく思い出しました。

さすがにこの年で水浸しは嫌なので二人で後ろのほうの空席を探していると、思いがけず若いカップルが席を詰めてくれ、私たちの為に二つ席を確保してくれました。こんなとき、都会の若者に親切にされると妙に身に沁みます。

ありがたくご厚意を受け、ちょうど前から6列目の良い席に二人並んで座ることができました。

ショーが始まる前は、妙にワクワクして落ち着きません。還暦すぎると子どもに戻るのは、どうやら暦のことだけではないようです。売店で普段は絶対飲まないようなラムネまで買ってしまいました。

ショーは30分くらいだったでしょうか。リズム感のある音楽とともに天井から水蒸気のようなものが出て、ワクワク感を一層盛り上げてくれます。

天井から円を描いて落ちてくる水がイルカたちへの合図のようです。テンポのいいお姉さんのかけ声とともに、次々とジャンプするイルカたちの華麗な動き。そしてしばらく水面が静かになったなと思うと、とんでもないところからまた跳ね上がって見せ、その演出に釘付けになってしまいました。

勢いよく跳ね上がるイルカたち

会場の心もひとつにするかけ声

アクアパークは夜もやっていて、昼と夜ではプログラムも違うとのこと。久しぶりにライブ会場に来たような高揚感をかみしめ、「面白かったねぇ、また来たいかな」などとつぶやきながら会場をあとにしました。

品川プリンスホテルには、ボーリング場や映画館、プールもありました。わざわざ時間をかけて遠くまでお出かけしなくても、都会の楽しみ方は色々あるんだな、と実感。夕食までにはまだ時間があったので、私たちは映画館に寄ることにしました。

二人で映画に行くというのも、かれこれ何年ぶりでしょうか。その感想については、また次回にしたいと思います。